ストレスとミネラル

過度のストレスによって 胃腸に潰瘍が出来たりする人は 少なくありません。

潰瘍の発生を抑制する亜鉛の血中濃度が低くなり、胃腸に十分供給できなくなるのが原因と見られています。

亜鉛はミネラルの一種なので ストレスと密接な関係があることになります。

ストレスによって 血液中の亜鉛濃度が下がるのは、ストレスによって肝臓で生成される

メタロチオネインと言うたんぱく質が多くなり、その際に亜鉛が大量に使われる為に、血液中の亜鉛が

肝臓に集められる為です。

肝臓は たんぱく質の代謝を行う臓器であり、ミネラルそのものの代謝も行っています。

アルコールを日常的に飲みすぎると、亜鉛が排出されやすくなり、亜鉛欠乏症になります。

アルコール依存症やアルコール性 肝硬変の人は、一般的に血中亜鉛濃度が低くて、低亜鉛血症に

なっていることが多いのは その為です。


がん治療の最初に戻る