がん治療・微量元素補充療法

末期でも遅くはない

当 療法は免疫療法です、20年遅れの製薬会社の免疫に着目したニュース(2015年11月)

アメリカでの最近のがん治療の実情

ミネラルが免疫を強くすると言う事は、もう常識になりました。
の一種・カルシウムが がん を予防すると言うヤフーの最新ニュース

難病に対してミネラルの効果を発表した熊本大学のページ(2003年6月)
ガンを治療するの一種・マグネシウムが大腸がんを抑制すると言う岐阜大などのニュース(2011年10月)
 

当ページは千数百年に亘り全ての時代の政権に入り国にご奉仕し申し上げて来た家の
藤原流の深谷が管理 運営するものです。千数百年間とは信じられないでしょうが本当です。
たくさんの末期がん 患者が改善している体験談これも本当です

 

薬事法との関係・ がん についての真実 患者を救い 国を救う  微量元素(微量ミネラル)
どんどん飛び込んでくる がん治療の体験談  の必要性につい
医師紹介  がん治療に関する ミネラルの効能及び作用
がん が治る理由   問い合わせ は、お気軽に/048−653−9608

 がん細胞の対策に対する対策

近年評判の 高価な分子標的薬は 効く人と 副作用ばかりで 全く効果が出ない人もいるので 使用前の検査が重要である。
又、最新治療として 電気の熱で 腫瘍を焼く方法が脚光を浴びていますが 焼き切っても 細胞レベルのがん細胞は残りますので
数年すると 腫瘍として発現してしまいます。それは焼畑農業のようなもので 地中の根の部分は 生きているので また 木が生えてくるのと同じです。

又、2013年になって 試験管で培養した免疫細胞であるNK細胞を活性化して増殖させても、それのみでは がん細胞によるNK細胞のドレス現象により
NK細胞は減少し、効果が減弱してしまう事が判明しました、自分の体で自然と免疫力を強くするによる治療が良いのです。
がん治療には 微量元素を摂取すれば(併用すれば)根治に向かいます。

IPS細胞を使った免疫治療についてのコメントのページへ

微量元素療法を施している日本では唯一の診療所です(微量ミネラルを調合した液体)

診療所には 手術出来ないと言う事で医者に見離された たくさんの 末期の がん患者のご家族からの相談があります。
手術出来ない部位の がん に対しても有効です。野島医師の がん治療は 分子標的薬と違って、根治に繋がる療法です。
治療としては 診療所はメスに代わって 微量元素を使用した治療を施しております。

かかりつけの病院に入院中の方も当 治療法を取り入れると副作用に苦しまなくて済む人が多い
この がん治療の費用は 月に2〜3万円です、ただ それだけです。

最新の がん治療(免疫力を劇的に高めて がん細胞を死滅に追い込む)

野島医師は「微量の摂取によって がん に侵されて元気をなくしていた酵素が再び活発に動き始めて細胞にエネルギーを送り込みます。
更にミネラルによってその他の代謝も活発化され、弱っていた細胞が元気になる事で副作用に打ち勝つ力を回復するのです」と、常々おっしゃっています。

そもそもは人体構成の元素であり、命のみなもと なのです。
生命は海から発生し、数千万、数億年と進化し続け、強いもの、 抵抗力があるものだけが生き残って来ました。
人類はその1つです。

その人間は免疫システムを確立し 免疫によって殆んどの病気に 対して抵抗力を持っていることがわかってきました。
そして免疫システムが正常に働いているうちは、難病であるエイズも 発病しません。
しかし、年と共に抵抗力がなくなると発病する事が わかって来たのです。
若者に がん患者が少ない事で理解出来るものと思います。 人は生まれつき がん細胞を殺す能力を持っているのです。
その免疫を左右するのが微量ミネラル(微量元素)です。最近、がんワクチン治療が始まりました。
又、2013年1月4日に東京大学医科学研究所等が iPS細胞の技術を応用し、免疫細胞を若返らせ、感染症やがんの治療に役立てる治療法を発表しました。
野島医師が15年前から主張している免疫療法が正しかったと言うわけです。しかも、当療法は 無理なく 自然の形で免疫力を劇的に高めるのです。
人工的に免疫細胞を増やすと その細胞が ヒザだけでなく 手足の指の関節細胞を攻撃すると全身がリューマチと言う懸念があります。

がん細胞は毎日5000個も出来ているのです、免疫力が強いうち(若者)は全て殺すので発症しません。
手術している最中も 体のどこかにガン細胞は 出来ています。
ですから 悪い所を切除しても 放射線で焼き切っても また がん にかかるのです、再発は防げません。
免疫力を強くしなければ この先数十年 体を切り刻むだけです。どんどん当 がん治療法を取り入れる事です。
特に日本人は この40年間に欠乏症になりました。井戸水を飲まなくなった事と黄色い塩を摂らない事によります。
もう一つは ミネラル不足の肥料で育った野菜等しか摂らない為です。

不足したものを補えば改善されるのは当たり前なのです。
ある種のは 5,000種以上あると云う酵素を活性化させます、がん抑制遺伝子を活性化するDNA修復酵素も活性化させます。
よって、 ミネラルが補充されると、免疫力が劇的に高まり 結果として がんが改善します。
ですから がんなら 肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、乳がん、 子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、 食道がん、
膵臓がん等 100種類を超える 全ての がん に有効です。初期なら非常に高い確率で腫瘍が消滅します。勿論、
末期でも遅くはないのです。

残念なのは殆んどの医者はが「生命のみなもと」であることに 気付いていないことです。
一種の免疫療法ですので殆んどの がん に効果を発揮します。 充分に各種ミネラルが補充されていれば 発病自体を防ぎます。

*診療所は 難病(がん も含む)の治療を主に行っています。治療には ミネラル(鉱物)が関係しています。  

 

がん とは

がん は遺伝子がうまく機能しない為に起こる病気です。
人間の体は、60兆個もの細胞のかたまりで出来ています。それらのは遺伝子と呼ばれるものによって働きが
制御されています。 細胞の中には、一度成熟すると もはや分裂しなくなるものも ありますが、消化管粘膜や皮膚、
血液細胞等多くは、どんどん分裂して自分と同じがん治療を作る一方、 新しい機能をもった細胞を作っています。
又、そこでは古いのは 壊されていく と いったことが 繰り返されています。
は通常その数を増やす必要が生じた時だけ、一定の法則に従って分裂増殖します。これによって
身体を健康に保つことができるのです。
複製を正しくコントロールするための遺伝子が障害を受けると、その結果、無秩序に 増殖します。
もし必要がないのに、勝手に分裂増殖すると、大量の組織が生じます。これが“がん細胞”です。
がん はそれが発生した細胞ごとに分類されるため、百以上のがん の種類があります。
遺伝子が障害を受けるということは遺伝子を作っているDNAと呼ばれる遺伝子の設計図の情報を
書き換えられてしまうことを意味します。
尚、ごく一部のがん は遺伝します。変異は生殖細胞まで持ち込まれ、世代から世代へと受け継がれ、
体全体に存在することになります。しかし、殆どの がん は、日常生活の中で起こる偶発的な
変異によって引き起こされます。例えば細胞分裂の過程での複製の間違いや、放射線や化学物質の
ような環境要因による障害を受けた場合があります。
がん は増えるに従って発生した臓器の周囲の臓器や血流・リンパ流等に乗って遠くの臓器にも拡がり、
が弱っている部位を見つけると、そこに定着して増殖を始めます。これが がん の転移です。
そしてガン細胞によって作られたしこりを腫瘍と呼びます。腫瘍には良性と悪性があります
良性腫瘍は身体の他の部分に広がることも、生命を脅かすこともありません。
多くは外科的に切除されますが、再発することは 殆どありません。
がん とは悪性腫瘍のことです。悪性腫瘍には次の三つの特徴があります。

・浸潤:周囲の健康な組織や器官に染み込むように発育し破壊します。
・転移:がん が腫瘍から分かれて、血管やリンパ系に入ることがあります。その結果、身体の 他の場所に広がり、
     新しい腫瘍を作ることを転移といいます。
・再発:原発腫瘍を切除しても、すでに がんがん治療が全身に広がっている場合や、切除した場所に
     がん が残っている場合、がん が再び発現することになります。

 

以下に がん治療としては 一般的な治療法を記します。現在の病院での がんの3大療法は、外科療法(手術)、放射線治療、化学療法(抗がん剤)です。

他に治す治療ではありませんが緩和療法があります。
 

1.外科療法:初期のポリープの段階からの手術から 10時間にも及ぶ大手術まであります。

2. 放射線治療:放射線を照射して がん細胞を殺し、がん の増殖を阻止する治療法です。コンピュータにより、放射線を がん に
  集中して当てることにより、副作用を少なくしています。肥大化した がん、或いは リンパに入っていて癌が全身に回ってしまった
  患者さんには 無意味となります。脱毛や食欲不振、嘔吐などの副作用が起こります。
  リニアック(直線加速器)を用いた定位的放射線照射療法には、ガンマー線を照射するガンマーナイフ療法と、X線を照射する
  サイバーナイフ療法の2種類があり、放射線を照射して がん 等の病巣部を破壊します。ちょうどナイフで患部だけを切り取ったように
  治療するので、ガンマーナイフ療法と言います。

3. 化学療法(抗がん剤治療) :悪性腫瘍、白血病、悪性リンパ腫、転移がん を治療するのに使用します。しかし、正常な組織も殺すので、
  副作用がでてきます。場合によっては、心臓、膀胱、肺、神経にも障害を与えることがあります。副作用としては、
  白血球数減少、血小板数減少、嘔気、嘔吐、脱毛、疲労感などがあります。

4. 陽子線治療・重粒子線治療、ホウ素中性子捕捉療法、その他の治療

 a、陽子線治療・重粒子線がん治療装置は炭素イオンを高速で照射し、エネルギーをがん病巣に集中させる為、正常組織を
  傷つけずに がん だけを破壊します。
  早期の肺がん では、1日1回1〜2分の照射、肝臓がん なら1、2回、日常生活に支障は少なく、通院治療もできます。

b、免疫療法:CTL、NK・LAK細胞などの抗腫瘍効果を持つリンパ球を用いた免疫療法がある。腫瘍抗原ペプチドなどにより患者を
  免疫する癌ワクチン治療から、その応用として癌ワクチンテーラーメード治療、ペプチド抗原や腫瘍細胞の遺伝子をウイルスに導入して
  生体に感染させるDNAワクチン、腫瘍組織のRNAを利用したRNAワクチン、さらにサイトカインや抗原提示組織としての樹状細胞を
  併用した治療などが考えられています。 

c、骨髄移植:主に白血病患者に対して行います。

d、ホルモン療法:乳がん・子宮体がん・前立腺がん 等を対象に、分泌されているホルモンと反対の働きをするホルモンを、経口剤や注射で
  投与して、がん の発育を阻止しようとするものです。

e、温熱療法:がん は 42℃以上に加熱すると死滅し始めますが正常ながん治療は生存します。温熱療法には、遠赤外線が用いられ、免疫力を上げます。
  がん の温熱治療は、ラジオ波で加温するのが主流で、放射線治療や化学療法と併用すると効果が増大します。
  身体全体を加熱する方法と がん組織だけを攻撃する治療法とがありますが、現在の技術では、がん組織だけを持続的に加熱することが困難です。

f、遺伝子療法:患者の遺伝子の免疫力を強化したり、失われた がん抑制遺伝子を がん細胞に導入して治療する方法です。
  現在、研究段階です。

g、凍結療法: 金属製の針の先端内部に、マイナス185℃の超低温高圧アルゴンガスを噴出して がん や腫瘍組織を液化し、死滅させます。
  初期の患者には 有効です。
  この治療方法は 切除手術に比べ、体への負担が少なく痛みがないのが特長ですが、限られた病院での治療となっています。

お勧めページ


 

がん治療に関する最新ニュース

政府は2012年6/8日、今年度から5年間の国の がん対策の骨格を定めた次期「がん対策推進基本計画」を閣議決定した。
重点的に取り組む課題として「働く世代と小児へのがん対策の充実」を掲げ、がん患者が治療と仕事を両立できる仕組みを検討する。
たばこの喫煙率については、平成34年度までに12%に削減する数値目標を初めて盛り込んだ。

この基本計画は がん対策を実効的に進める為 がん医療などの課題と目標をまとめたもので、19年施行の「がん対策基本法」で5年ごとに
見直すことが決まっており、今回が初めての改定となる。

がん は40代以降で死因の1位になるなど、高齢者だけでなく働く世代でも大きな問題となっている。早期発見のため、20〜30%台と低迷する
検診受診率について、40〜69歳(子宮頸がんは20〜69歳)で「5年以内に50%を達成する」ことを目標にした。胃、肺、大腸がんは当面40%を目指す。

尚、これまで、たばこ業界などの強い反対から盛り込めなかった喫煙率の数値目標も初めて掲げた。国内の喫煙率は平成22年の調査で
19・5%(男性32・2%、女性8・4%)だが、これを34年度までに12%に引き下げる。

又、 小児がん への本格的な対策も打ち出した。年間の患者数は2千〜2500人と少ないが、子供の病死原因の1位であることから、5年以内に
小児がん拠点病院(仮称)を指定し、安心して医療を受けられる環境を整備する。

尚、アメリカの最近のニュースからすると 検査することは ムダと言う説もあります。
肺がん検査の件、卵巣がん検診の件。


がん治療のすべてがわかる「がん治療最新情報」       治すなら がん治療ドットTV