ミネラルによる大腸ガン治療の特徴

ミネラル療法によるガン治療には 完治までの過程で、通常のガン治療と 大きく異なる次のような特徴があります。

★痛みを伴わない無痛治療で副作用なし。

 ミネラルを使った治療を開始した当所は、ガンの疼痛が無くなる事からターミナルケアへの利用を

 第一に考えていたほどです。ガンの疼痛は、想像を絶するほどの苦しみですから、痛みが無くなることは

 患者さんにとって とても喜ばしい事です。

 

★化学療法の副作用を抑える事が出来る。

 来院する患者さんの中には、他の病院で化学治療を受けている方もいます。

 通常、放射線治療を受けるとなると、治療に伴う副作用が原因で、入院しなければならないケースが多く見受けられます。

 しかし、ミネラル摂取を併用していると、副作用が少ない為、入院せずに 通院で済む事が分かりました。

 入院にかかる経済的な負担を少しでも軽減できれば、患者さんは 安心して治療に取り組む事が出来ます。

 これもガンと闘う方々には 大変喜ばれていることの一つです。

 

★ガンの転移を抑える事が出来る。

 これがもっとも驚いたと同時に、ミネラル効果のメカニズムを解く一つの鍵になると思います。

 今の所、何とガンの転移例がないのです。これはミネラルの作用によって、ガンが消滅する何らかの

 システムがあると考えるしかありません。                                 医師 野島尚武


大腸がん治療の最初に戻る