「ガンは 治る」と言う本の出版から早くも 15年が過ぎ、たくさんの患者さんに
微量元素補充法を施し更に大きな確信を得 ました。

現代病では10万例以上、ガンについては5000例以上に、確実に改善 あるいは完治させている。
 

私は 2001年の9月まで千葉県の保健所所長という公務の立場でした。

今 現在は、都内の 日本橋の診療所の院長として診療をおこなっています。

公務であり、医師であるが、ミネラル溶液を使用した がん治療に関する本を

執筆したのには、明確な理由があ ります。立場上大きなリスクを背負うことになりますが、

私の15年間の実績を患者、医師を問わず広く知ってもらいたいからです。

この事実が認知されれば21世紀の医療界に大きな変革をもたらす可能性があるのです。
医療の現状が患者主体に変わるのであれば、自分の立場を守るどころか、
積極的に変えて行こうというのが私の姿勢です。

「 がんを治せると言う事は 予防も出来ると言う事である、福島原発の放射能汚染が東京に及んでも、
がん化してもガン細胞をすぐ殺せる システムが微量元素補充法を取り入れている人には 出来上がっているので、
これまた、大丈夫である」医師 野島尚武。

 

プロフィール

1944年生まれ。長崎大学医学部卒業。

1975年医学博士号取得。鹿児島大学医学部助教授、米国留学などを経て1989年千葉県衛生部主幹。
2001年9月まで千葉県の保健所所長。現在は 日本橋の野島クリニック 院長
医師、医学博士

 

● 2011年度のノーベル医学賞に免疫の働きに関する研究成果をあげた3人が受賞しました

  免疫は「感染症や ガン、炎症」の治療などに応用されています。

  野島医師の「ミネラル療法は」まさに免疫療法であり 根治をめざした、手軽に、安く、ガンを治す治療法です。
   がん治療の第一人者と言っても過言ではありません(管理人の深谷)。


ガン治療のトップに戻る