遺伝子ミネラル水 

普通の食生活では殆ど摂取不可能となってしまった超微量ミネラルは、細胞を活性化させ

自然治癒力を高め、病気の予防、難病の治療に役立ちます。

遺伝子ミネラルは、ウイルス感染細胞や腫瘍細胞を排除するNK細胞を活性化する為、殆んどの

病気に効果があるのです。このNK細胞はナチュラル キラー細胞と言って体内に生まれた時から

備わった細胞です。この細胞が弱まると病気になります。

 

胃ガン宣告を受けたYさん、担当医師は「絶対に手術しなければ治らない」と断言する。

自分の体にメスを入れるのを拒否したYさんは、遺伝子ミネラル水を4ヶ月飲んで完治させた。

この遺伝子ミネラル水は体力次第でNK細胞を活性化させ ガン細胞を消滅まで持っていきます。

末期ガンは猛烈な痛みを伴ないます。この痛みはガン細胞が腫瘍内に留まることなく

浸透していく時、感覚神経を刺激して起こると考えられ、患者さんには大きな負担となります。

通常はガンの痛みではなくて、大きくなって他の臓器を圧迫した時に痛みを感じます。

更にそれが浸透していく時痛みが走ります。そこで、『遺伝子ミネラル水』を飲用してもらったら

『痛みがなくなってしまった』ではありませんか。

ミネラルがNK細胞(ミネラルによって活性化された免疫細胞)の働きを通じて、ガンの成長を止め

縮小させて、感覚神経を刺激しなくなったものと考えるしかありません。ミネラルには鎮痛

効果はありませんし、神経をブロックする働きもないからです。

又、ガンの抗ガン剤治療や放射線治療をうけると、様々な副作用に悩まされます。その為に

また入院すると言う事も珍しくありませんが、化学療法にミネラルを併用すると、副作用が

あまり見られない。そもそも、抗ガン剤は、ガン細胞を縮小させる事はあっても消滅させません。 


大腸がんのトップに戻る