国民の負担を軽く出来る良策

皆様方の力を得て「総理大臣にも出来ない事をやろうではないか」と思っております。
健康保険税をグッと減らして 国民の負担を軽減させる策です。
今、医療費は国民は40兆円近くを使っています。
そして税金からなる国家予算、約90兆円の内の10兆円を国(8兆)と地方で負担しています。
この血税と健康保険税を減らして 景気も良くしようと言う策です。
そもそもドイツ、フランスの国家予算である3 40兆円を「医療費だけで40兆円」も使っているのは
異常としか 言いようがありません。

病院は何十種類もの飲みきれないほどの薬を出します。無駄が多いが「病気を治す為」と言う事で 何十年か来ました。

尚、原発の件では 正しいと思われていた情報が間違っていた事が判明しましたが、がん医療も同じようなところがあります
無駄を指摘されないまま来ている部分が異常に多い。

病院は ガンに関しては ぶった切る事はしても 根治はさせません。

ここで最近、「ミネラルで ガンが治るよ」と発表した医学博士がおります。
私は、この医者、頭がおかしいのではないかと思い1年間信じませんでした。
しかし、 2002年の11月から何度か説明会に出ると、パーキンソン病だとか、ガンだとか、色々な患者が話を聞きに来ていまして、
中には、実際に、その「微量元素補充法」を受けて「良くなった、治った」と言う人も混じっているのです。
医者に 見離された末期患者がですよ。そして、1年後に、頭がおかしいのは 私のほうだと言う事がわかりました。

良く話を聞いてみると博士は既に10年近く、医療の現場でその 療法で 10万人以上の患者を助けているとのことでした。(この
野島博士は、千葉県の保健所の所長として任期を全うすれば 老後も何不自由なく過ごせる方だったのですがガンを治せない現状と
患者が気の毒すぎるという事で 立ち上がったのです)、又、ミネラルの凄さは 右記のページの下のほうに記されております。

私が こう記すと「ウソ」だ、「でたらめだ」と思う人もいるでしょう。
しかし、アメリカでは ガンを治すのに「ドクターズセット」と言うのを多くのガン患者が使用しています。
このドクターズセットは ミネラルに関係しているのです。そして 当ページのミネラル療法は その上を行きます
まさに がん治療は 微量元素補充法なのです。

大病院の 治していない おエライ医者を信じるか、エラクないが「治している医者を信じるか」ではないでしょうか。

「微量元素補充法」で、何で治るのかと言えば、ミネラルがウイルスを殺すのではなく、体内にある「病原菌を殺すNK細胞」と
言う細胞を 元気にさせて・免疫力を劇的に強めて、結果として「ガン細胞を殺してもらう」と言う事が解りました。
これは患った後の対処療法と違って根本療法だから発病も防ぎます。殆んどのガンに効く事も納得です。
薬でも8割の人に効くというのは余り無い話です。残る2割の人には悪いのかと言えば、可も無く不可も無くで、
何ら変化無しの人もいると言う事です。しかも、薬ではないので副作用が無いので安心なのです。

しかし、知っている人は知っているが「知らない人が殆んど」と言うのが現状です。
マスコミは広告費に惑わされずに真実を伝えると云う 本来の使命を果たす時期だと思います。
 

2003年のSARSウイルス騒ぎでは、台湾では感染予防に微量ミネラルを摂取するようにと言う公報が出ました。
日本には厳しい規制があるために国民は その恩恵を受ける事が出来ないのが現状です。
これは薬事法により薬でないもので「病気が治る」とテレビ、新聞、雑誌に宣伝出来ない為です。
又、清涼飲料水で「薬」ではないので、即効性はありませんが、早くて3日4日、普通は2〜3ヶ月後には 効果がわかると言うものです。

福島県の西会津町は町民1人当たりの医療費が全国で2番目に高かった。それで町をあげて食生活の改善に
取り組んだ。その中心はミネラル改革で、ミネラル豊かな野菜類を作るようにした。まず推肥づくりから始まり、
それを入れた土を作り化学肥料を使用しないミネラル分の多い畑で野菜を育て地産地消を実践した。その結果
5年間で西会津町は医療費の低い町のベスト2になった。
そのニュース


これを国家レベルでやるのです。

そこで、皆が健康になって 医療費40兆の3割が減らせれば12兆円ですよ。健康保険税がグッと減り楽になります。
勿論、10兆円の血税も減らす事が可能になります。
そして ミネラル革命を世界に広げて 70億の民が1億の民を支えるようにすれば 消費税も そんなに上げなくてすみます。

2012年のインフルエンザの流行に際してある種のヨーグルトで免疫力が高まり 今年の患者は ゼロと言う
佐賀県有田町の4つの小中学校のニュースが最近流れました(ガンを治すまでの免疫力が 上がるわけではない)。
免疫力が強いと様々な病気にかからない良い例です。3割どころか半減する可能性があるのです。
即ち、皆さん方が払っている健康保険税の半減も夢ではないと言う事です。
しかし、これを実現させる為には 医療関係から政治献金を受けていないクリーンな政治家・政党でないと無理です。

 

ミネラルは天然の塩の中に豊富に含まれているのですが、塩分控えめ、及び専売公社が扱った
ミネラルの無い「化学塩(白くて美しい)」を摂って来た日本人は体質が変わってしまった事も解かってきたのです。

数年前に微量元素を測定できるICP質量分析装置が登場して はっきり解ってきました。

 

「景気の本格的な回復」「年金を上げずに改革を計る」「消費税も そんなに上げずに暮らし良い社会」
「生活習慣病を減らして国民を元気にする」事ができるのです。


健康保険税が減り、皆が元気になって外食したり、旅行に出回れば、ますます景気はよくなるでしょう。

因みに国家予算は、日本の人口の10倍の中国が50兆円、イギリス60兆、アメリカ240兆と言うから 驚きだね(2007年頃)。

以上、千数百年にわたり国にご奉仕申し上げてきた家の藤原鎌足 孫45代の深谷でした。

 

皆様へ、「日本を変えなきゃいかん」と、お思いの方は 右記のページへリンクして下さい、「がん治療」の文字から。http://www.ganchiryou.tv/


がん治療のトップに戻る                            ガン治療