痛みの原因

末期ガンは 猛烈な痛みを伴います。この痛みは 大きくなった細胞が他の組織を圧迫して痛みの

症状となり、ガン細胞が浸潤していく時に、感覚神経を刺激して起ると考えられます。

ガン細胞そのものには 痛みの要因は無いのです。

ミネラル溶液を摂取すると、痛みから解放されるのは、ミネラルによって活性化された免疫細胞・

NK細胞がガンの成長を阻害して、浸潤しつつあるガン細胞を死滅させ、感覚神経を刺激しなくなるからだと思われます。

ミネラル自体には、鎮痛作用も神経をブロックする働きもないからです。

ミネラル溶液を摂取して、ガン治療の副作用が抑えられるのは、抗癌剤や放射線で破壊された細胞が

ミネラルによって代謝が活性化されて、すみやかに修復されるからです。それに抗癌剤を肝臓で解毒することで

副作用を止めている可能性もあります。


大腸がん治療の最初に戻る