大腸がん治療微量元素療法

がん末期でも遅くはない

薬事法との関係

ミネラルについ

   どんどん飛び込んでくる症状別体験談

大腸がん が治る理由

医者の紹介(大腸がん 治療)

効能を記した書物 

お問い合わせはお気軽に 

 

かかりつけの病院に入院中の方も微量元素療法を取り入れれば、抗癌剤による副作用も 軽くなり、早期回復が望めます。
又、来院出来なくても メールとFAX(コンビニ利用でも可) があれば事は足ります。)

がん細胞は毎日5000個も出来ているのです、免疫力が強いうち(若者)は全て殺すので発症しません。
ですから 悪い所を切除しても また がんにかかるのです、大腸がん も また然りです。
免疫力を強くしなければ この先数十年 体を切り刻むだけです。どんどん微量ミネラルを摂ることです。
このミネラル療法の費用は 月に2〜3万円です、ただ それだけです。

ある種のミネラル(微量元素)は、 大腸がんの治療に劇的な効果をもたらします。
微量元素 ウイルス感染細胞や腫瘍細胞を排除するNK細胞を活性化
する為 殆んどのガンに効果があるのです。なぜ活性化するかと言えば、
微量元素は、命の元(生命発生時の元素)なのです。これを正常の量に
戻せば、活性化するのは当然な事なのです。

又、NK細胞はナチュラル キラー細胞と言って体内に生まれた時から備わった
細胞です。この細胞が弱まると大腸がん になります。

*診療所は 難病の治療を主に行っています。大腸がん 治療には ミネラル(鉱物)が関係しています。

  補足

大腸がん治療のメカニズム 酵素分解と細胞との関係
兵糧攻めによる治療 微量元素による大腸ガン治療の特徴
痛みの原因  

                                               

◎大腸がん とは

大腸がんとは、結腸がんと 直腸がんのことを言いますが、どちらも腸の粘膜から発生する悪性の腫瘍です。
その特徴は 隆起型と陥没型とがあり、前者はゆっくりと進行するが、後者は腸壁内層に食い込んでいくタイプで 進行が極めて早い。
大腸は長さ約2m、盲腸から始まり上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸、肛門へと至ります。
盲腸からS状結腸までを結腸と呼び、直腸と区別しています。便は盲腸付近で水のようですが、S状結腸や
直腸で水分が吸収され硬くなります。
大腸粘膜のあるところではどこからでも がんが出来ますが、S状結腸と直腸が がんの出来やすい部位です。
がんが発生し始めの頃は、ほとんどが小さいポリープ状の形をしています
大腸がんに特徴的な症状はありませんが、その約3/4は S状結腸・直腸で発生するため血便、便が細くなる、
残便感など排便に関した症状が多くみられます。がんが大きくなり大腸がつまり腸閉塞になったり、
肝臓などへの転移が先に発見されたりすることもあります。
ポリープの段階であれば、がんが含まれるとしても早期のがんである可能性が高くなります。又、ポリープは
がんの発生母地になる可能性があるだけでなく、その存在自体が大腸がんになりやすいかどうかを示す
指標であると考えられます。大腸がんは早期に発見できれば、治りやすいがんの一つです。
ポリープの段階で発見されたのであれば、早期治療が可能になります。
大腸ポリープというものの正体を知り、科学的なデータをもとに予防に努める。そうした積極的にポリープに
立ち向かうことが、がんで命を失わない為の方策であり、また今、患者さんたちが抱えている不安を和らげる ことでもあるのです
ポリープにもいくつかの種類があります。「ポリープ」というのは、イボのような突起物です。
大腸の場合、大腸の粘膜からその内側の管腔に飛び出したイボのようなものは、すべてその形からポリープと呼ばれます。
 ポリープは大きく「腫瘍」と「それ以外のポリープ」に分けられます。腫瘍以外のポリープには、炎症性のポリープや
過形成によるポリープなどがあります。炎症性のポリープは潰瘍性大腸炎、クーロン病などの腸の炎症性の病気や
感染症など、腸に強い炎症を引き起こす病気にかかった後に出来ます。
過形成性ポリープは歳をとると殆どの人に見られるもので、一種の老化現象とも言えます。
この2つのタイプのポリープは、基本的に正常細胞が集まってイボ状になったもので、がんとは無関係です。
放置しても大腸がんになることは殆どありません。
問題は、腫瘍に分類されるタイプのポリープです。これにも良性の腫瘍と悪性の腫瘍があります。
悪性の腫瘍が「がん」です。ただし、がんといってもポリープ状の形をしているのは、多くの場合早期のがんです。
進行がんになると、もはやイボのような突起ではなくなるのでポリープとは呼ばれなくなります。
 良性の腫瘍は、「腺腫(せんしゅ)」と呼ばれています。大腸ポリープの80%は腺腫で、特にS状結腸や直腸によくできます。
その為、一般にポリープという場合は、この腺腫を指す場合が多いです。
そして、大腸がんとの関係で一番問題になるのが、この腺腫です。がんと同じように、腺腫は粘膜上皮を形成する
腺細胞が異常をきたして増殖したものです。その為、大きな腺腫は がんになる一歩手前の状態(前がん状態)と
言われています。実際に、多くの大腸がんは腺腫から発生すると考えられています。
 このようにポリープといっても、そのタイプによって意味合いは全く異なります。無用な心配をしない為にも、
ポリープがどのタイプなのか担当医に確認することが大切です。腫瘍か腫瘍以外のポリープかは内視鏡でほぼ判断が
つきます。判断が難しい場合には、安全性を期して腫瘍と同じ扱いをする、つまりある程度以上の大きさがあれば、
切除して組織を確かめるのが原則です。

では、腺腫が がんになる可能性は、どれくらいあるのでしょうか?
 以前は、「腺腫はすべて前がん状態である」、つまり、がんになる一歩手前の状態であると考えられていました。
しかし現在では、がんになるのは腺腫のほんの一部であることがわかってきました。
ではどのような腺腫が がんになるのでしょうか?ここでポイントになるのが、腺腫の大きさです。
腺腫の直径が1cmを超えた場合、急激にがんを含む可能性が高くなることが示されています。
では「がん」と「腺腫」はどのように見分けるのでしょうか?専門家ががんと診断する時には、コブになった組織や
細胞の姿が正常の組織や細胞と どのくらい違うかを判断の基準としています。
これを「異型度(いけいど)」といいます。実際には、内視鏡などで取ってきた組織の断片を顕微鏡で観察(病理検査)し、
その形から診断を下すわけです。これを「病理診断」といいます。
正常な組織では細胞は皆 同じような形をしており、一定の秩序に従って整然と並んでいます。
ところが がんになると細胞がゆがんだり、並び方の秩序が無くなります。
 実際には正常な組織と がんは はっきりと2つに分けられるものではありません。両者の間にはいくつかの
変化の段階があります。腺腫もその中間段階に含まれています。正常の組織とどれだけ違っているかによって
軽度異型、中等度異型、高度異型という段階に分類します。異型度が強くなるほど がんに近づいた状態と言うことになります。
ところで、大腸がんは本当にポリープにさえ注意していれば いいのでしょうか?
 確かに、以前は全ての大腸がんは、ポリープの形から始まるとされていました。しかし、現在ではこの考え方は
否定されています。ポリープから発生しないがん、イボにならずに平坦なまま、がん化することがわかってきたのです。
 こうした平坦な がんは、「デノボがん」と呼ばれています。これは、おそらく遺伝子変異の順番の違いからくるのでは
ないかとする説が現在では有力です。大腸がんは遺伝子の研究が進んでいるがんです。
このように、腺腫から発生するがんは、すでにどういう遺伝子が傷ついてなるか と言う筋道が大体わかっています。
大腸がんはポリープだけから発生するものではないこと、そして意外にデノボがんは多いのではないか、と
最近は言われています。また、こうした遺伝子異常の筋道が解明されることで、将来的には細胞や組織の形で
がんの診断をするだけではなく、遺伝子から精密に、がんの診断が可能になるのではないかと期待されています。
尚、だんだんポリープが進行していくと粘膜にとどまっていた“がん”が内壁から漿膜(腸の一番外側の壁)へ、
そして周囲の臓器(小腸、胃、膀胱など)へと浸潤し、広がって行きます。
又、この経過中に転移を起こします。この転移の仕方には、“がん”がリンパ管に進入し、リンパ節に転移を起す
リンパ行性転移と“がん”が血管(静脈)の中に進入し、肝臓や肺、脳などへも転移が起こる血行性転移、更に、
お腹の腹膜に“がん”の種をばら撒いたような広がり方をする腹膜播種というものがあります。
大腸がんは、日本人に増加傾向が著しいがんです。2015年頃には胃がんを抜くとの予測もあります。又、
死亡率は、男性では肺がん、肝臓がんに次いで3番目、女性では1番目に多くなると推定されています。
男性も女性もほぼ同じ頻度で大腸がんにかかります。60歳代がピークで70歳代、50歳代と続きます。
5〜10%の頻度で30歳代、40歳代の若年者に発生し、若年者大腸がんは家族や血縁者の中に多発する傾向があります。
がんの発生には、遺伝的因子よりも環境的因子の比重が大きいと考えられています。食生活の急激な欧米化、
特に動物性脂肪やタンパク質のとり過ぎが原因ではないかと言われています。
脂肪摂取は脂肪の消化吸収を助ける胆汁の分泌を促進し、この胆汁に含まれる胆汁酸は腸内細菌の影響を
受け2次胆汁酸となり、これが大腸がんの発生を促進するものと考えられています。しかし脂肪のなかでも
魚に含まれているDHAやEPAは大腸がんの予防になると考えられています。予防には脂肪から摂取する
カロリーが総摂取量カロリーの18〜22%が理想とされています。
しかし、5%前後の大腸がんは遺伝的素因で発症するとされています。
最新の遺伝生化学の発展は目覚ましく、ヒトは誰でも大腸がんの発現遺伝子(k-ras)を持っていることが判明している。
その遺伝子が発現しても進行を抑える抑制遺伝子と言うのがいくつも関与しており、そのすべてが異常をきたさないと
がんにはならない。
しかし、遺伝的に大腸がんになる家系ではその抑制遺伝子そのものが生まれつき異常であり、発がん遺伝子の
変異とともに がんが多発することが知られている。
大腸がんにかかりやすい危険因子として、
@大腸ポリープになったことがある、A血縁者の中に大腸がんにかかった人がいる、
B長い間潰瘍性大腸炎にかかっている、C治りにくい痔瘻(じろう)などの因子が指摘されています。
大腸ファイバースコープを用いた精度の高い検査では、大腸ポリープはかなりの頻度で見つかります。
一部のポリープは がんになることがありますが、多くはがんにはなりません。ポリープが見つかった場合は
専門医に相談し、大きさ、かたち、色調を診てもらい、内視鏡的ポリープ切除などの適切な処置を受ける必要があります。
大腸がんは 手術を受けた後に再発することもあります。術後は定期的に(3〜4ヶ月の間隔)再発チェックの為の
検査を受ける必要があります。肝臓、肺、腹膜が転移しやすい臓器であり、又、切除した部位に局所再発が起ることも
あります。がんは再発の8割以上は術後3年目以内に発見されます。
手術後、5年以上再発しないことが完治の目安です。再発しない為には免疫力を高める事が何より重要です。
尚、運動を日常行っている人に大腸がんが少ないことが多数の疫学調査から明らかになっている。その理由は
まだ殆ど解明されていないが、運動による排便促進が影響したり、ホルモンとの関連も示唆されていす。


当ページは千数百年にわたり全ての時代の政権に入って国にご奉仕し 申し上げてきた家の藤原流の
深谷が管理しております 。千数百年間とは信じられないでしょうが本当です。 体験談も本当です。

大腸がん情報は当窓口で © 2012-2013 (大腸がん治療)