兵糧攻め

ミネラル療法で完治した早期のガン患者さんの場合、3ヶ月ほどで完治してしまい

治る過程を本人が自覚しなかったという事が殆どでした。病院で検査したところ、病巣が

無くなっていたと言うケースです。自然に しかも速いスピードでガンが完治する事は

実に喜ばしい事です。しかし、治療に当っている私にとっては、どのようにガンが完治していくのか

確認できず、ミネラルの研究と言う面では 頭を悩ませる部分でもあります。

数多くの症例の中で肉眼で確認できるほど大きくなった腫瘍がミネラル療法で消滅してしまった

例があり、この時 もしかしたら、と、ある仮説を思いつきました。

その方の一連の検査で撮影した写真を見ますと、腫瘍部分だけ徐々に袋で包み込まれるような現象が見られ

次第にその組織が壊死していくように診断できました。これは非常に面白い現象です。

ミネラル溶液は、新しい抗癌剤「血管新生阻害剤」と同じように、がん細胞に対して、その成長に

必要な酸素と栄養を絶つ「兵糧攻め」と言う攻撃により、見事に効果を挙げているということです。

ガンが増殖する為には大量の栄養が必要です。末期患者が みるみる痩せていくのは そのためです。

                                                  医師 野島尚武


大腸がん治療の最初に戻る