上   杉

解説

武士になりし藤原氏の典型として、北家 藤原高藤流なり。

「鎌倉将軍 宗尊親王の東するや、藤原重房 王に従す。王より 丹波国

何鹿郡上杉荘を賜り領地となす。よって氏となす。幕紋 竹丸 飛両雀」

尊卑分脈には、「冬嗣−良門−内大臣高藤−定方−朝頼−為輔

−説孝−頼明−憲輔−盛実−顕憲−盛憲−清房−重房」

鎌倉将軍に仕えた重房、その孫の清子が足利尊氏を生んだことにより、

上杉憲顕、尊氏の天下取りに協力す。尊氏、室町幕府を開くや

上杉氏  関東管領・奥州管領となり、関東奥州を管す。

 

深谷上杉氏 − 関東管領 上杉憲顕は、正平中(1,360頃)、新田氏を押さえる為

       武州幡羅郡庁鼻和(コバナワ今の国済寺の地)に六男 憲英(ノリフサ・

       陸奥守・上野守護)を派遣し、城を築かす。その子 憲光、その子 憲長、

       弟 憲信と庁鼻和城に居り、その子 房憲に至り、隣の榛沢郡に深谷城を

       築き、古河公方 足利成氏に防戦す。その子 憲清−憲賢−憲盛(憲高)

       −氏憲。

       上杉憲政、謙信に家督を譲りし後、即ち山ノ内上杉氏滅亡後、深谷上杉

       氏憲、北条氏政の娘を娶り、和を結ぶ。天正十八年、太閤秀吉、小田原

       城を包囲するや、氏憲、小田原城にあり、重臣秋元氏等により、深谷城

       無血開城す。ェ政系譜によるに、家康 関東に入国するや憲高の孫 盛吉

       上杉の名を捨て、深谷を名乗り 幕府に仕え代官を勤め、子孫幕閣に名を連ねる。


大腸がんのページに戻る。